【フィリップスBG1022/15レビュー】乾電池で動くコスパ抜群なボディーグルーマーで清潔感を上げよう!【全身使用可】

すなっぴー
どうも、こんにちわ!すなっぴー(@sunappy10mill)です。

最近どんどん気温が上がってきて、汗ばむ季節がやってきましたね。

夏といえば、薄着の季節。

 

男性も半袖、半ズボンを着るわけですが、やっぱり気になりますよね?

 

そう!ムダ毛です!!!

 

自分で見ていても不快感があるのに、それを人に見られるのってやっぱり嫌ですよね。。

僕自身も毛が濃いので、短パンを履くのってどこか躊躇する気持ちがあります。

 

短パン履きたいけど、足を出すのも躊躇してしまう。。

そんなあなたはぜひ、ボディグルーミングをしてみましょう。

 

足をツルツルにするのではなく、適度に長さを短くすることで、清潔感が段違いですよ!

 

この記事では、コスパ抜群なフィリップス ボディーグルーマー BG1022/15 について紹介してきいますよ!

もちろん、足だけではなく、胸や乳首周り、指や腕、アンダーヘアーの処理もできます。

 

結論から行くと、2000円を切る値段でこの性能!!コスパ抜群です!

 

 

 

 

こんな人におすすめ
・夏に向けて腕や脚の毛を処理したい方
・プールや海に向けて、胸や腹の毛を処理したい方
・できるだけ安くボディーグルーマーが欲しい方
・どのボディーグルーマーを購入するか悩んでいる方

 

フィリップスBG1022/15の商品説明

肌を傷めずムダ毛をトリミングできる

スキンプロテクターがついているので、肌を傷めずに無駄毛をトリミングできます。

カミソリとかで処理すると、血が出たり、カミソリ負けして肌が荒れたりしますよね。

 

しかしフィリップスBG1022/15の刃にはプロテクターが付いているので、肌荒れの心配がありません。

なので胸や脇、更に陰部といったデリケートゾーンにも使うことができます。

 

0.5mmと3mmの2種類の長さに調整できる

長さは0.5mmと3mmの2種類に調整できます。

例えば、手や脚の指や乳首周りなんかは0.5mmトリミング。

 

脚などは不自然になりすぎないように、3mmで調整するなど、使用する部位によって長さの調節が可能。

また、毛量が多い部位、毛が長い部位は一度3mmコームで前処理して→0.5mmコームを使用すると処理が楽になります。

 

防水加工のため水洗い可

防水加工がされているので、使用後は丸洗い可能です。

しかし、トリミングするときは、乾いた状態をおすすめします。

水に濡れると、トリミングしづらくなります。

 

フィリップスBG1022/15を使ってみた

ここからは実際に使用して感じたことなどをお伝えします。

 

付属品はこちら。

・本体
・0.5mmスキンプロテクター
・3mmコーム
・メンテナンス用ブラシ
0.5mmスキンプロテクターは本体に装着された状態でついてます。

両端を軽くつまんであげると、簡単に取れます。

柔軟性はあるけど、プロテクターは無理やり外したりすると簡単に壊れそう。。。

すなっぴー
スキンプロテクターはパキって折れちゃいそうな繊細さ
ちっち
丁寧に扱ってね

3mmコームに付けくかえるとこんなかんじ。

 

こちらは電池式。

単3電池一本で動きます。

ちっち
充電する手間が省けて便利
すなっぴー
エネループでちゃんと動いたよ

スイッチはこの電源ボタン

・電源ボタンを上にスライドするとON
・下にスライドするとOFF
ここから使用レビューになりますので、人の手や足、毛を見るのがが苦手な方はスキップ推奨

 

 

 

まずはビフォー

 

アフタ-

3mmコームを使い、片足だけやってみました。

結構印象が変わりますね。

完全になくしたい人は0.5mmでやってもいいかもしれませんが、ちょっと不自然かな?

 

程々に長さを短くできたら十分と考えているので、この仕上がりで十分。

両足やったあとはこんな感じ。

もちろん毛は残っていますが、十分マシになりました。

アップで撮っているので気になる人もいるかも知れないですが、遠目から見るとほとんど気にならないです。

 

 

手は割と薄いほうですが。。。

細い毛でも問題なく、剃れました。

 

自粛しますが、この他にも、脇、乳首、胸、腹、陰部、臀部など剃りまくりましたが、1800円でこれだけそれたら十分です。

フィリップスBG1022/15を使ってみて感じたメリット・デメリット

メリット

本体が圧倒的に安いのに全身に使用可能

この時期を書いている時点で1800円ですが、この値段で全身使えるがありがたい。

他の調べたら、だいたい5000円は超えてくるよまじで。

 

今回使用したのは、手、胸、乳首、腹、陰部、臀部、脚、足です。

どの部位も問題なく使用できました。

ちなみに3mmコームってことは、眉毛もイケるんじゃないかな?

突然ですが、あなたの眉毛の長さは何mmですか? ヘアスタイルにもベストな長さがあるように、実は眉毛のスタイリングの中で眉…

 

つまり、鼻毛以外の無駄毛の処理はこれ一本で解決ってことかな?

 

乾電池式であるという点

充電式か乾電池式かどちらがいいかは個人の価値観だと思います。

しかし、僕は乾電池式にメリットがあると感じています。

・使いたいときにいつでも使える
・使用時間が長くなっても、乾電池を取り替えるだけでいい
・バッテリーのヘタリがない
・値段も安い
実際、無駄毛の処理って毎日するものじゃないですよね?
女性はともかく、男性は頻度が少ないと思います。
「あ、明日海に行くから処理しよう」と思ったときに、充電されていなかったら困りません?
それに使用時間が長くなってバッテリーが切れても困る。
電池式なら自分使いたいときに使用できるのがGOODなんです。
逆に、ムダ毛の処理をする頻度が高いのであれば、充電式で高価なモデルを購入するべきです。

 

デメリット

アタッチメントで調整できる毛の長さが0.5mmと3mmの2種類のみ

ボク個人としては、この2種類で全く問題を感じていませんが、もっと細かく毛の長さを調節したい人もいると思います。
そんな人にはもっと細かく調節できる機種が向いているはずです。
今回は0.5mmと3mmの仕上がりを乗せているので、是非参考にしてくださいね。

ムダ毛の処理に時間がかかる

本体の毛をカットする部分は、カミソリ程度の大きさしかありません。

また、同じ部位を何往復かさせてあげないと、しっかりと短くすることができないため、時間がかかります。

 

今回、全身の処理をしましたが、お風呂場で20分ほどかかりました。

 

ムダ毛処理頻度が高い方高級機種

ムダ毛処理の頻度が低い方フィリップスBG1022/15

 

という棲み分けでいいと思います。

 

他に検討した機種はパナソニックボディトリマーER-GK81

今回購入したのは、できるだけ安くて便利なボディグルーマーでしたが、悩んだのがパナソニックER-GK81。

こういうのって一度購入するとなかなか買い換えることはないので、良いものを購入して長く使うのもありです。

ER-GK81のおすすめポイント
ダイヤル式長さそろえアタッチメント
→ダイヤル操作により、1 mm刻みで3~12 mmまでの長さ調整ができ、細かくカットできます。
肌ガードアタッチメント
→2mmで剃れる
ウォータースルー洗浄
→水洗い可能。もちろん防水
急速1時間充電
→50分の使用が可能

 

スペックとしてこれ以上ないですね。

値段が高いだけのことはある。

便利なのは1つのアタッチメントで3~12mmの長さ調節ができる点。

いちいち取り替えなくていいのは便利ですよね~

 

パナソニックボディトリマーER-GK81がおすすめな方
・剛毛な方
・できるだけ時間をかけずにムダ毛処理したい方
・部位によってきっちり長さの調節をしたい方
・長期間、良いものを使い続けいたい方
僕自身も【フィリップスBG1022/15】がだめになるなら、次はこれにする!
すなっぴー
パナソニックの電気シェーバーを10年愛用しているので、信頼度は抜群

 

フィリップスボディーグルーマーBG1022/15まとめ

「フィリップスボディーグルーマーBG1022/15」について色々と書きました。

2000円を切る値段で、全身のムダ毛が処理できるのが最大のメリット。

さすがフィリップスだけあって完成度が高いです。

 

この記事が皆さんの参考になれば幸いです。

質問等あれば気軽にコメントくださいね。